足にできるぶつぶつの原因と対策

足にできるぶつぶつの原因

足のぶつぶつ

普段の生活で酷使されて一見丈夫に思える足もその肌は以外とデリケートです。
足にできるぶつぶつはニキビ以外にも様々な原因があります。

 

足の手入れといえば、ムダ毛処理に余念が無い女性も少なくないことと思います。
せっかくキレイにムダ毛を処理したのに、後にぶつぶつとした感触が残ることがあります。

 

これは誤った方法でムダ毛を剃っていることが主な原因で起こることなのですが、この誤った方法を日々続けていると、ぶつぶつとした毛穴の定着や色素沈着を引き起こしてしまう可能性が大です。

 

ムダ毛を処理する場合の注意点と正しい方法について紹介します。


足にできるぶつぶつの予防と対策

足のぶつぶつ

毛抜きは避ける
毛抜きでのムダ毛処理は肌や毛穴に対する負担が非常に大きいので、避けるのが無難です。

 

毎日の毛剃りは避ける
毛が濃いのを気にしている女性の場合、毎日剃りたくなるのもわかりますが、肌にかかる負担を少しでも減らすために、毎日の毛剃りは避けるようにします。

 

正しい毛剃り方法
事前の準備として、入浴などで足が清潔で水分によって柔らかくなった状態でクリームを厚めに塗ります。
石鹸やボディソープの泡を使って剃っていると肌が乾燥しやすくなるので、必ず専用のクリームを使うようにします。
準備ができたら、毛の流れに沿って優しく剃るようにします。
なお、切れ味の悪いカミソリを使うと余計な力を入れるために肌への負担が大きくなるので、切れ味のよいカミソリを使うようにします。

 

毛剃り後の肌の手入れはしっかりと行う
カミソリで処理をした後の肌は敏感で乾燥しやすい状態なので、クリームや化粧水などで、しっかりと保湿をしておきます。